お金に困ったら 市役所でお金を借りる

皆は突然、今日、お金に困ったらどう対処してる?

お金に困ったら途方に暮れる事がありますが、そんな時に市役所でお金を借りるという生活福祉資金貸付制度で相談できる事実を知っている人はどれくらいいるでしょうか。

働いている現役世代の場合でも低収入であったり、無職の失業中で困った時だったり、またリタイア後の年金受給者の状況でも、不意に必要になる体験談があります。

まず働いている現役世代で稼ぐのが難しく低収入でお金がない時の相談です。

普通に働いていても、急な出費がかさむ時があると、毎月の給料やボーナスではまかないきれないことがあります。

その時は貯蓄での方法ですが、なんとかしても日々の生活費もありますので、余裕が戻るには数ヶ月苦しい思いをすることに、お金に困ったら簡単になってしまいます。

交際費や冠婚葬祭などの出費が続く時もありますし、結婚や子供の進学の費用などもあります。

また自営業の人などは、時期によって資金繰りが難しくなり、大きな金額がすぐに必要になったりします。

また忘れてはいけないのは、病気で、本当にお金に困った時のために保険に入っていたとしても治療費がかかりますし、その間働くこともできなく、この方法は給与がもらえません。

次に失業中の際ですが、今の時代、失業したり早期退職等で、正社員での再就職が難しくなることがあります。

転職を決めた時などは希望もあって、面接などに精をだしたりしても、なかなか今まで以上の労働条件に巡り合うことは難しいでしょう。

アルバイトやパートで生計をたてることを良しとするか、無職のまま納得の行くところを探すか市役所の福祉課でお金を借りるになります。

数ヶ月の失業手当を受けることはできますが、期限もありますし、お金に困ったらどうしようかと余計に焦ってしまうという体験談が多いです。

10万円借りれる緊急小口資金の条件

高齢者がお金に困った時は、借りるなら消費者金融より借りるなら市役所

最後にリタイア後の年金受給者の場合ですが、受け取り年齢が65歳まで引き上げられたこともあり、60歳で定年を迎えていた時は、5年間の空白ができてしまいます。

再雇用制度が進んでいますが、バリバリの現役時より大幅に年収が下がってしまうのは明らかです。

お金に困った時に電話で相談する時は年金を繰り上げて受け取れば、60歳からでも収入はできますが、それでも思った通りの老後にならないということも、この方法ではあるでしょう。

また市役所でお金を借りる以外にも、介護が必要になった際には、普段の生活費以外にまとまった費用が必要になります。

自宅を綺麗に改築したり、介護施設探して入居させたりすることになります。

そういった時に思いつくのが、やはりテレビなどでコマーシャルも沢山流れていますので、すぐに意識が働いてしまうのが良くも悪くも消費者金融から借りることです。

消費者金融なら、利用するのに敷居も低いイメージもありますし、どうしようもなくお金に困ったら簡単に借りることができると思われがちです。

しかし今は掲示板の体験談を見ても消費者金融の審査も厳しくなってきています。

ひと昔前であれば、緩い審査で無条件に貸すことはできましたが、今は賃金業法などにより取り締まりがされていますが、それでも、リスクはかなり大きく将来的に考えればできることなチョイスしたくないものではあります。

ほとんどの困った時に対応できるような公的なサービスは、たった一回でも履歴がしっかりと残ってしまうものなので便利でもあまりおすすめはできません。

ただ、現代社会において頑なにいくらお金がない困った時にでも、対処法として掲示板などで誰にも相談もせずに深く考え込んでしまうことはあまりメリットがないことですから、返済プランさえしっかりしていれば特に利用する事は問題ないでしょう。

母子家庭でお金に困った時の貸付制度

市役所にあった「母子及び父子福祉資金」という冊子で母子家庭向けのご案内のパンフレットが市役所の福祉課にありましたので紹介します。

一言でお金に困ったらといっても「普段の生活」「住居」「就職」「介護」「結婚」「起業」に分けて資金一覧表(12種類)があり条件と限度額と期間が異なっています。

最低限の条件として、母子家庭で20歳未満のお子さんがいて、その地域に6ヶ月以上居住していることです。

連帯保証人がいなくても年利1.5%で済む制度で、申込者を保証してくれる人がいれば無利子になります。

具体的な項目としては、母子家庭で失業でお金に困った時の救済として失業期間中に月額103,000円を最長12ヶ月間は市役所にお金を借りる事ができます。

返済は短く5年以内になるので、もし満額利用した場合は月に24000円づつの返済になります。

他には、母子家庭の子供が私立の中学や高校に行くことになった場合に最高で毎月45,000円の貸付が受けれることができます。

必要な分を市役所でお金を借りることは民間に比べて安心なので生活福祉資金貸付制度などのパンフレットを出向いて集めたり、窓口の詳しい方に相談されると良いでしょう。

総量規制の影響でお金に困ったら闇金に行くしかない人は市役所へ

賃金業法では、総量規制が導入されています。

この総量規制というのは、年収3分の1までしか貸付ができないという決まりになります。

そのため働いていても、年収が300万なら100万までしか上限では借りられません。

また安定した稼ぐ収入がない状態ですと、お金がない時も借りることもできないのです。

支払いが必要なのは、無職の時なのに、これでは全く頼りになりません。

この総量規制というのは、返済できないでお金に困った時のような金額を貸し付ける方法によって、借金に悩まされる人が多く、自己破産などを余儀なくされることが社会的に問題となり、導入された制度になります。

そのため借りる側の人を保護するための制度のはずだったのですが、結局そのせいで無職の場合は借りることがどうしてもできなくなってしまったのです。

そうなると、闇金で借りるしかなくなりますが、それは避けたいものです。

そんな中、意外と知られていないのが、市役所でお金を借りることができるという体験談です。

生活のお金に困ったら市役所でお金を借りるというのは、電話の相談でもなかなかすぐには聞かないですし、どうしようか想像がしづらいですよね。

市役所で相談してお金を借りる時の管理や返済方法や

市役所でお金を借りるというのは、具体的には、住んでいる市町村の市区町村社会福祉協議会が相談窓口となっています。

この社会福祉協議会というのは、地域の民間団体であり、その地域の生活を助けるために様々な福祉サービスを実施しているところになります。

そして、その福祉サービスの一つが、生活福祉資金貸付事業といって、お金に困った時に市役所でお金を借りる方法になるのです。

この市役所で生活福祉資金貸付事業の対象となる人は幅広く、低所得世帯や障害者世帯、高齢者世帯になります。

しかも、こういった流れで市役所でお金を借りるには、利息は無利子、もしくは常識より低金利での貸付です。

状況に合わせて、支援金制度を行っており、福祉資金や教育支援資金等のほか、緊急小口資金貸付もおこなっています。

そして失業が原因で無職になった場合には、すぐに世帯の自立支援を助けるために、生活再建までの取り組みへの支援と生活費等の貸付を行う総合支援資金があります。

他にも、高齢者世帯を対象とした不動産担保型生活資金の貸付もあります。

これは土地建物を自分名義で所有し、将来その住居に住み続けることを希望する高齢者に向けて、その土地建物を担保として、お金に困ったら生活で最低限必要な額の貸付を行う制度です。

世帯収入の基準は、各自治体によって詳細は異なりますが、市役所にある福祉課でお金を借りることができやすく設定されていることがほとんどですので、失業中で困った時だったり年金受給者などであれば、該当する人はかなり多いでしょう。

市役所でそれができるというのを知らない人が多いのですが、体験談から知っていれば、消費者金融や闇金で高い利子を払うことなく融資もできるのです。

突然の出費でお金に困ったら金利の低い市役所で借りる

具体的に市役所でお金を借りる方法には、必要書類は何をすぐに用意すれば良いのでしょうか。

まず生活福祉資金制度は地域の制度になるので、住民票を用意します。

お金に困った時にも収入を証明できる書類になります。

そして、申請する制度の種類によって必要な書類が異なります。

市役所の窓口で相談してお金を借りる際に、住民票や所得証明書は一緒にとる方法ができます。

ではどのくらいの収入所得によって、金利や上限金額が決められるのでしょうか。

まず生活福祉資金貸付制度で市役所でお金を借りる際の金利は、連帯保証人がいる時といない状況によってことなります。

連帯保証人がいるケースでは、お金に困ったら無利子で借りることができ、いない時でも年1.5%でできます。

消費者金融は通常11%〜14%ぐらいの金利で設定されていますので、大幅に安い金利で借りることができるのです。

そして上限金額は、申請する制度によって異なってきます。

制度は希望者の使途によって、4つの種類から選択します。

どうする事も出来ない時はまずは市役所に相談しましょう

まず考えられる手段としてはお金に困ったら一つ目は、総合支援資金です。

現状を見ると市役所での総合支援資金は、お金がない時の生活支援費の対処法として、2人以上で月20万円以内、単身で月15万円以内です。

住居入居費としては、40万円以内、一時生活再建費として60万円以内が借り入れ可能です。

二つ目の方法は、福祉資金です。

福祉資金は、福祉費として580万円以内で、お金に困った時の緊急小口資金として10万円以内になります。

三つ目は、教育支援資金です。

市役所の教育支援費は、高校で月3.5万円以内、高専で月6万円以内、短大は月6万円以内、大学は月6.5万円以内です。

また修学支援費は50万円以内です四つ目の方法は、不動産担保型生活資金です。

不動産担保型生活資金は、月30万円以内で、土地の評価額70%前後です。

また要保護世帯向け不動産担保型生活資金として、生活扶助額の1.5倍以内で、土地の評価額70%前後になります。

消費者金融や銀行では審査も大変ですし、お金に困ったらすぐに借りることができたとしても金利が高く、返済期間が長くなればなるほど、トータルで支払う金額が大きくなってしまいます。

また金利を安く済ませるには、より大きな金額を借りることが必要になり、審査が厳しくなってしまいます。

市役所で生活保護を申請して一時的に凌ぐ方法

生活保護は申請して受給できれば上記の画像のように月に13万円前後の金額を貰えるようになります。

金額は地域によって物価が異なる理由で差が生じていて、お金を稼ぐ東京が一番高くて沖縄などが一番安いです。

お金がないと市役所で生活保護が申請できるか相談する対処法の前に、いくつか条件があるので合致しているか確認してみましょう。

  • 換金できる財産が10万円以下であること
  • 持ち家は売却しないとならない
  • 生命保険も解約
  • 月の収入が12万円以下(年金等も含めて)

お金に困ったら生活保護を申請しようと考えている人は基準を甘く見ている場合が多いですが、収入が少なく財産がゼロでなければなりません。

自動車は地域によっては認められます。

次に実際にお金に困って必要で振込されるまでの期間ですが、生活保護は申請して通知がでるのが14日なので、それから支給日に入金なので最悪1ヵ月時間が掛かることになります。

直ぐにでも生活費が欲しくお金に困ったら相談することで、10万円の緊急小口資金という制度を利用できる可能性もあるので、それで1ヵ月を凌ぐことになります。

見栄や人目もあるので一時的に生活保護を受けたい場合でも、相当な酷い状況でないと難しいのでお金がない時の選択肢としてはお勧めできないものです。

お金がない時の裏技は携帯決済現金化

写真はドコモになってますが、携帯電話会社ならau、ソフトバンクでも取り扱っている新サービスです。

買物をした時にお金がないから翌月に基本料や通話料と一緒に請求がくるのが携帯決済というものです。

商品は普通なら換金性がないですが、ネットでAmazonギフト券を携帯決済で購入して、それを即売って現金を手に入れる裏技です。

PINCOMというサイトでは携帯決済でAmazonギフト券が買えます。

ただしこのサービスの弱い点として上限が5万円~10万円(キャリアによって異なる)と、お金がない困った時の凌ぎ程度の必要な額です。

購入したAmazonギフト券を次にネット上の買取業者に83%くらいで販売します。ギフト券はEメールタイプなので、メールのやりとりで売却が完了します。

このような手順でスムーズに行えば、一時的ですが4万円くらいは稼ぐことが出来てお金がない時の対処法に繋がります。

しかし、1~2か月後には5万円の請求が来てしまい一時しのぎの為に一万円の手数料が高いか安いかの判断になります。

お金がない時のMNPキャンペーンで5万円

一番、安心できるのが市役所でお金を借りる方法

市役所でお金を借りることができれば、上記の金額を無利子もしくは年1.5%の低金利で借りられるので安心です。

利用方法としては、必要書類を持って、市の生活福祉資金制度の窓口である地域の社会福祉協議会に向かいます。

社会福祉協議会がどこにあるかわからない時は、インターネットで地域名と社会福祉協議会と検索すれば、連絡先を調べることができます。

市役所でお金を借りることができるという体験談は、あまり知られていないこともありますので、どうしようか困ったらまずは色々と電話でも相談することがよいでしょう。

相談は、地域の民生委員も受け付けているので、事前に民生委員に話をしてみることもできます。

そして市役所で融資を受けるあたっての注意点はどのようなことが、すぐに考えられるでしょうか。

あまり身近で利用している人がいないと、お金に困った時には不安になってしまいますよね。

まずは、稼げなくて生活するお金がない時なら市役所での手続きになるので、 手続きの必要書類が複数あったり、申し込みから審査や実際の振り込みに時間がかかることがあることです。

そのため消費者金融や銀行のカードローンのように、即日審査や振り込みを期待することはできません。

どうしても今日中に借りたいですとか、今週中にどうにかしたいということでは無理があります。

TOKYOチャレンジネットは住居が無い方へ支援

福祉協議会に出向いたときにあったパンフレットの中で、東京都の行政機関ですがTOKYOチャレンジネットというのがありました。

利用できる条件が「住まいが無い方」「東京都に6ヵ月以上いる方」というお金がない時のセーフティーネットで、住居や仕事を紹介してくれるところです。

働く意欲があるけれど、ネットカフェの生活から抜け出せない、資金の準備がない、賃貸の保証人がいないというお金に困った時の相談に対処してくれてます。

TOKYOチャレンジネットが借りているアパートを一時的に上限3ヵ月まで提供して貰えるようで、それまでに就労先と賃貸契約を探しましょうという行政のサービスです。

お金に困って市役所で相談しても、ここまでは親切にしてくれない中で、全てを失って困っている方には救済の制度になります。

特に仕事先としては、介護資格の取得を勧められるようで、人手不足のヘルパー2級の資格を取って働いて貰うという趣旨なのでしょう。

お金がない時にメルカリで現金を買う

2017年に問題になったのがメルカリというスマホで簡単にフリマアプリというサイトについてです。

本来はお金がない時に自宅にある不要になった服やバッグを出品してお小遣いにするオークションサイトでしたが、社会問題になったのは1万円札が12000円で出品されているという不思議な光景からでした。

具体的にいうと「4万円」を4万7千円で落札するひとが多くいる。

この理由としては、お金がないので翌月に引き落としになるクレジットカードで現金を買うことで1カ月の猶予が出来るというのがメリットです。

専門業者にお願いすると怖いし手数料が高いし、後々になって周囲の人にばれたりしたら嫌なのでメルカリなら大手だし安心という困窮した人が多かったようです。

今現在では社会問題になり、規約で現金の出品はNGになりましたが、金券や類似するものでいくらでも抜け穴があるようです。

売ると高いもの

お金に困ったらどうする?市役所以外にもできる方法とは

ただ市役所からお金を借りることができれば、実際には無利子や低金利なので、そこの兼ね合いをどうするかということになるでしょう。

また無利子や低金利といっても、お金に困っても返済は普通にするわけですから、事前に返済計画をどうしようか考えてからでないとなりません。

ちなみに生活保護を受けている方は、それと併用して市役所でお金を借りることができるかどうかというのが気になるかと思います。

仕方のない理由があるとはいえ、近年は生活保護受給者への目線も厳しくなってきていますし、そのうえで市役所でお金を借りるわけですから後ろめたい気持ちもでてきて窓口で相談ができないこともあります。

でも実は生活保護受給者は、この生活福祉資金制度を併用して利用することができます。

なぜかというと、生活保護を受けていると割賦のローンが組めないためです。

生活に必要なものでもローンが組めないですし、消費者金融や銀行では門前払いになってしまい、市役所しか頼るところがなくなってしまう体験談からです。

一方、失業手当を受けているパターンでは、この生活福祉資金制度を併用して利用することは、いくらお金に困ったら相談しないでこれがあるから大丈夫と言う考えを持つかもしれませんが、残念ですがこれはできません。

失業手当を受けていない方に関しても、まずは失業手当をすすめられることになりますので、どちらかを選ぶことになります。

失業手当は、貸付ではなく給付ですから、返済する必要はありません。

無職の人で、長期になるケースでは、まずは失業手当を受ける方がメリットがあります。

よほど一度に大きな金額が必要になった困った時では、失業手当をやめ、市役所でお金を借りる方法に切り替える検討をすることになります。

また掲示板を見ても、一人での勝手な判断は思ってもいない様なトラブルを引き起こす時がありますので、すぐに家族や兄弟などに早い段階で相談をすることが大切です。

最終的にどういった手段を取るかは個人の自由ですが、お金に困ったらというのは、周囲も巻き込んでしまうものですので、冷静な判断ができるように気持ちを落ち着けられる相手と話すことも不可欠です。


【関連記事】

ガールズちゃんねるで女性がお金に困った時の対処を参考にする

不特定多数の女性が質問に答えたり、賛同や拒否でどの案が多くの支持を得られてかみれる「ガールズちゃんねる」という掲示板のサイトがあります。

お金に困ったら必要な時にどうしてますか、という問いに多数の意見が集まっていたので女性中心になりますが、どのように凌いでいるかをトップ3とワースト3を紹介していきます。

一番賛成が多かったのが、プライドや恥を捨てて親類に借りるという投稿でした。

女性だとつい風俗系で稼ぐことを考えがちですが、自分の体は大事にして助けてくれる周囲に正直に言えることが重要と思っている人が多いようです。

次に賛成が多かったのがキャバクラの体験入店という投稿でした。

風俗系でも男性相手の接客ですが脱ぐこともなく、安心且つ短期でお金に困ったらその時だけ少し汚れるという感覚なのでしょうか。

3番目の意見としては、家にある洋服やアクセサリーを売るというものです。昨今は買取ブームなので意外なものが想像以上の値段で引き取ってもらえることもあります。

ワーストに移って、一番反対が多かったのが、出会い喫茶というものです。

出会い喫茶というのは駅前とかにあり、見知らぬ男性が数千円で女性とお話したり交渉したりするところです。

ワースト2位が似たような体験談で、ソーシャルレンディングという個人対個人の貸し借りで見知らぬ人からお金に困ったら融資を受けるというものです。

どちらも、相手の素性が分からないから危険だからという女性らしい意見なのでしょう。

3番目に反対が多かった意見で予想外だったのが、お金がない対処法は稼ぐではなく消費者金融で借りるというものでした。

キャッシングよりは市役所の窓口で相談して生活として必要な分はお金を借りる方が健全ではあります。


生活資金貸付制度で借りる