緊急小口資金 市役所でお金を借りる

条件や借り方は厳しい?緊急小口資金

お金がないのに急にまとまった額がどうしても必要になる場面があります。

貯金などを貯めている方であれば、貯金を取り崩す方法で問題なく対処することができますが、所得額も低く貯蓄などをしていない方も多く存在していて、生活困窮者になってしまうケースも見られます。

国内ではトラブル時に対応できる方法として、市役所でお金を借りる緊急小口資金の借り入れ制度を条件を決めて設けていることがあり、一般的に広く認知されていない部分があります。

緊急小口資金は居住している各市町村の社会福祉協議会によって申請を行う方法で融資されることになり、いくつもの条件設定が用意されていますが、全てをクリアしている方であれば問題なく無職でも緊急小口資金制度を利用できます。

利用可能な条件に関しては、通常では緊急性を伴っている内容になり、例えば仕事に支障が出る病気にかかったことをきっかけとして医療費や介護費などを急に出費として必要になり、支払い能力を持っていない方などが該当しています。

また、給料など資産について盗難被害に遭遇してしまった方も対象になり、火災などを起こしてしまって、住宅に居住できなくなった方が、市役所でお金を借りる一時期の生活費用としていくらか必要とする場面なども対象です。

自己都合ではなく、会社都合によって解雇や退職をしてしまった感情的な方が生活費用としてお金に困った場面でも使うことができます。

事故などによって、多大な被害を受けた方が正常な日常生活を送ることが難しくなってしまった際にも緊急小口資金の対象者になることがあります。

緊急小口資金が受給できるかは理由に左右される

市役所でお金を借りる緊急小口資金のパンフレットで「借入理由による必要書類」を添付とあります。

つまりは理由が正当であればブラックだろうと自己破産だろうと10万円の貸付をしてもらえることになります。

何故にお金に困ったかを説明できる書類と何日後に間違いなくお金が入ってくる証明ができる書類、この2つがあれば合格するのです。

普通の金融ではなく生活保護とも違い、緊急小口資金というのは一時的に建て替えますという意味合いなので、今お金に困った理由と近い将来に収入がある担保さえあれば受かるわけです。

その事例として、高額医療費は後に保険が降りたり還付があったりする、また年金受給者で財布を落としたとかなら来月には返済できるだけの年金が振り込まれるという理由で説得できます。

多重債務で返済の為の借入は一時的にお金に困ったことにはならないので事前審査に通らない可能性が高いです。

市役所でお金を借りるのが消費者金融とは意味合いが違うので多重債務の場合は別途相談員と打ち合わせが必要です。

緊急小口資金の限度額や必要な書類

世帯人数によって所得制限なども設けられていることになり、予め設定されている収入以下の方が対象になるので、まとまった収入を得ている方ならば対象外になる可能性があるので、この点に関しては事前に調べてみることが不可欠です。

融資される限度額は10万円までに設定されていて、勿論ですが、後に全額を返済できることが条件になることから、収入が今後見込むことができない無職の方や生活保護では緊急小口資金を利用することはできません。

一般的な融資の方法では保証人などを別途で用意する必要がありますが、緊急小口資金制度では無職でも親族の保証人を用意しないメリットが含まれています。

市役所でお金を借りるのは貸付けの利息に関しては無利子に設定されているので、ここで10万円を借り受けた方はそのまま期限内に10万円を返済する方法で済ませられることになります。

生活保護を受けているお金がない貧しい世帯や母子家庭の世帯、公共の他の支援サービスを利用していて、頻繁に滞納をしている方のケースでは利用することができない仕組みを持っています。

申請に必要とされる書類は窓口で受け取る申請書の他に、健康保険証、求職活動を行う上での計画書、賃貸物件の契約書などいくつかの書類の準備が必要とされています。

都道府県によって緊急小口資金の合否が異なる

医療費や債務整理や失業中など、全国で色々なケースで緊急小口資金を申し込んだ人の口コミを見ると都道府県によって合否の基準がかなり違うようです。

緊急小口資金の都道府県のホームページでも基準が異なるようで、急な入院費により申し込んだのに支払った後に申込に来てくださいという理不尽な説明を自治体で受けたという口コミもあります。

自己破産していると受けれない、多重債務だと駄目、金銭の利用目的が明確でないと駄目とか、全国で統一した基準がなく、市町村の自治体ごとにオリジナルな判断基準を設けて審査をしているので、このようなことになるのかもしれません。

お金がない時に緊急小口資金が使えるかどうかはネットで調べているよりも実際に聞きにいってしまう方が間違いないと思います。

融資を受けるデメリットもある?緊急小口資金

緊急小口資金に関しては一時期に限って生活費などを必要としている方を対象にして市役所でお金を借りるもので、継続して利用することは原則の条件としてできない内容を持っています。

また、毎回の返済を必ずしなければならない内容になることから、無職の方のケースでは直ぐにでも収入源を新たなルートで確保する必要があります。

そのため、本当にお金に困ったら自治体が用意しているボランティアである地元の民生員などの助言やアドバイスを聞き入れることも不可欠な条件になり、常に正しい目的で緊急小口資金の融資を受けることが求められています。

近年では予測できない急な出費に対して他にも便利なお金がない時のサービスが用意されています。

代表的なものでは消費者金融のキャッシングなどを挙げることもでき、この場合でも緊急小口資金での融資の場合では第三者の保証人などを必要としない条件が一般的です。

1ヶ月間などの短期間の借り入れであれば利息がかからないケースも目立つようになり、一定期間を市役所でお金を借りる場合でも、即日融資されることが基本になることがメリットでもあり、利用者の返済能力を見極めた上で、必要に感じている資金だけを借りる方法でも生活を円滑に送れるようになります。

本当にお金に困ったら【市役所でお金を借りる方法】


【関連記事】