お金に困った時のおまじない

日本マクドナルド創業者の藤田田は「耳の裏を丹念に洗う」

マクドナルド、トイザらスを日本に導入して成功した社長で言わずとしれた億万長者で、藤田田自身はユダヤの商法として商売において様々なお金に困った時のおまじないの逸話を持ってました。

藤田が耳の裏を丹念に洗ってた理由は、耳の裏にはビジネスのツボが存在して綺麗にしていることで金運がアップすると確信していたそうです。

これが独自の発想ではなく、傾倒していたユダヤの教えとして4000年以上前から存在する風習なのです。

ユダヤ人というと土地や国家を持たない世界中の大金持ちといった人たちを連想しますが、独自の文化を持つことで根絶されずに生きながらえてきたのには秘密があるのでしょう。

この耳の裏については、ピカソやベートーベンなどの有名人もパワーが流入してくるとのことで清潔にしておいたそうです。

ユダヤの教えとして、お金に困った時のおまじないではないですが格言を紹介しておきます。

「たとえ、お金がない貧乏でも金持ちの一番後ろの列に並びなさい。」

十人十色の感想があると思いますが、ユダヤ人は子供のころから教育として金運を親から教えられてきたと思うと、現在世界中のユダヤ人が裕福な理由が納得できます。

豊臣秀吉は手相を変えてしまった

戦国時代で一番金運があったといわれるのが、農民から立身出世して征夷大将軍まで昇りつめた豊臣秀吉です。

黄金の採掘にも精力を出していて、大判小判の独自の作成も頻繁にしていました。

そんな金運のある秀吉が農民の時にしたお金に困った時のおまじないは、手相を刀で切って変えてしまうというような思い切った大胆な行動です。

これは豊臣秀吉の手相で中指の先端から中央まで「運命線」を自前の刀で付けたのが手形からも分かります。

戦国時代の乱世では戦の勝ち負けで運を味方につけることが必須で、現代以上におまじないが重要視されていました。

おまじないというと気軽に出来たりするイメージですが、お金がない時の本気度が違えば結果も異なってくる例えです。

アップルの創始者スティーブジョブズは社員食堂に蕎麦を置いた理由

iphoneやコンピューターの開発をして大成功を収めたITの革命児であるスティーブジョブズは独特な日本文化を愛していて、禅や蕎麦が好きで重宝していました。

日本の蕎麦は年末に年越しに向けて食べる風習も翌年に向けてのゲン担ぎであって、お金に困った時のおまじないとして食すのもよいと思います。

引っ越しの時もそうですが、将来の縁起物として食べる理由の所説で面白いのが江戸時代の時代背景にあります。

江戸の職人で金銀細工工場では、飛び散った金や銀を綺麗に集めてまた利用するのに蕎麦を丸めた団子を上手に使っていたようです。

そのことから蕎麦を食べることで金運アップするとの情報が世間に広まり何かにつけて年間の行事で食べられるようになったようです。

お金に困った時のおまじないで可能なことは試していってみるとよいでしょう。

お金に困ったおまじないとして神社に通う

偉人に神社に熱心に参拝していた人は多いと言われております。

商売の神様の松下幸之助は三重県の椿大神社(つばきおおかみやしろ)に足繁く通われていたようです。

お金に困った時や増やしたいときに有名なのが銭洗い弁天で鎌倉にあります。

東京の日本橋にも小網神社というお金を洗うと金運アップになるところがあります。 第二次世界大戦で戦争に行く前にここで祈願した人は全員無事で帰ってきたという逸話もあります。

神社はお金にまつわる願い事として成功者も大成した後も通うことが多く、ご利益を信じている人が多いようです。

ユダヤ教の教え お金に困った時のおまじない

世界中で大富豪が昔から多く有名なのがユダヤ人です。

認定された国も土地も持たずに世界各国に点在しながらユダヤ教の教えを守り、巨額な財を成し武器や秘密結社などの悪い噂もネットだけでなく本当に多く怪しい存在です。

そんなユダヤでのお金に困った時のおまじないは、「金持ちになりたかったら いい服を着て 金持ちを友にもて」です。

お金に困りたくなかったら、財を持っている人と末永く付き合えるように努力しろというのが「おまじない」になります。

また、「ノーマネー ノーフリーダム」というユダヤの言葉があるように、意味はお金がなければ自由がないという独特な格言です。

本当にお金に困ったら【市役所でお金を借りる方法】


【関連記事】