生活資金融資 市役所でお金を借りる

実はあまり知られていない?生活資金融資

既にご存じの方もいるかもしれませんが、生活資金融資の生活福祉資金貸付制度というのは、高齢者であったり低所得者とか、障害者などの暗しを、経済的にサポートするのと、社会参加促進や在宅福祉などの促進を図るといったことが目的になっています。

現状では生活資金融資の制度というのは、各都道府県社会福祉協議会が実施主体となっています。

市区町村社会福祉協議会は、県内での窓口となります。

高齢者世帯や障害者世帯、低所得者世帯などを単位にした、その世帯にあった、市役所でお金を借りるのに本当に必要とする額の貸付を行います。

現状の、貸付内容としては、例えば大学などへの進学もそうですし、高校への就学や技術取得時なども生活資金融資などを受けることがあります。

通常はこういった経済的な援助とともに、民生委員はその世帯の相談支援なども行うことになります。

この制度では新たに、お金がない時の為に生活困窮者自立支援法もスタートしています。

継続的な相談支援をすることで、その自立を後押しすることが、ここでの目的になっています。

生活資金融資の上限は70万円で返済は最長3年

東京都内の制度で個人融資「さわやか」というものがあり、生活資金融資として基本は70万円以内で特例で100万円のセーフティーネットがあります。

東京だけでなく各地にあるようなのでお住いの地域にあるかは検索してみてください。

生活資金融資を申込できる方の条件は下記です。

  • 年収800万円以下
  • 中小企業に勤務
  • 6カ月以上勤務
  • 住民税の滞納がない
  • 東京都内に在住

生活安定のための融資なので、ギャンブルや何かの購入にあてるものでは駄目ということです。

市役所でお金を借りるというよりは、この制度は労働局の助成になります。

連帯保証人の同行は不要ですが、一般社団法人日本労働者信用基金協会の保証の審査に通らないとならないので、消費者金融とかで遅延があるブラックでは否決される可能性もあります。

審査期間は5営業日で合格なら窓口に来店して手続きになります。

今すぐに市区町村から生活資金融資を受けるためには?

一般的には生活福祉資金の貸付けは、対象となる世帯が限られてきます。

市役所でお金を借りる対象となるのは、月に20万円以下の低所得世帯です。

生活資金融資の貸付けにあわせて、それぞれに必要な支援を受けて、独立自活できる世帯であり、他からの融資や借入れが困難な世帯が低所得世帯です。

療育手帳や、精神障害者保健福祉手帳、体障害者手帳の交付を受けた者は障害者世帯も対象となります。

日常の暮らしの上で、療養やヘルパーの介護を必要としている高齢者などのいる、65歳以上の高齢者の属する世帯も対象です。

現状では生活資金融資における貸付制度は大きく2種類であります。

それは、並べると総合支援資金に不動産担保型生活資金、教育支援資金に福祉資金です。

不動産担保型生活資金や、福祉費や教育支援資金の借入れを希望する場合には、市区町村社会福祉協議会へ相談して申込を行います。

お金に困った時も、上手く手続きを終えて援助が決定になれば、都道府県社会福祉協議会への借用書提出の後に貸付金交付になります。

包括的支援を必要とするケースでは、生活困窮者自立支援制度との細やかな連携により支援を行うことになります。

詳細を見るとこれ自体が、意外と知られていないシステムかもしれません。

簡単に言ってしまえば、一定額に達せず満足に働けない低所得者向けのセーフティネットとも言えるのが、生活資金融資の生活福祉資金制度です。

決まった一時的な期間においてお金がない人へ貸すことによって、その人やその過程が自立した社会においての暮らしを送ることができ、自立支援をすることを、将来の大きな目標としているシステムです。

最低限のセーフティネットは世の中にいろいろありますが、それらと異なる点は給付をするのではなく、貸付だということです。

生活資金融資と生活保護のどちらにするかの違い

お金に困って社会福祉協議会や市役所に相談する際に、自分が受けるべき救済制度が生活資金融資なのか生活保護なのか迷った場合に判断する基準について説明します。

生活保護の条件は、資産を全部換金してあって更に貯金が50万円以下であることです。

持ち家や自動車を手放せない人は受給することができません。

生活資金融資は収入の上限がある場合は少ないですが、生活保護は基準が厳しく月15万円以上だと間違いなく否認されます。

生活保護は返済の必要もないので、お金がない人にとっては条件さえあえば優先したいところですが、市役所は最終手段と考えているので生活資金融資をまずは勧めてきます。

「資産が30万円以下」「月収が13万円以下」「働けない」であれば生活保護の方が良いでしょう。

利用できない人や生活資金融資の審査に落ちてしまうこと

書面等の手続きをしてお金に困ったらもらうのではなくて、無担保で借りるのですから返済をしなくてはならない義務があります。

返済はしますが、民間のキャッシングやローンなどと比較をすれば、支払う余分な金利は大きく抑えられていることにも気がつきます。

生活資金融資の生活福祉資金制度の金利というのは、だいたい1.5%から3.0%ほどです。

ここに収入のある連帯保証人が存在することになると、住民として市役所でお金を借りるのは無利子ということになります。

金額的にはいくら借りることができるかは、その申請する用途によっても設定は細かくされています。

2人以上の世帯での、一般的な安定した暮らしをしていくためのものであるならば、月額では貸付は20万円までしてもらうことが生活資金融資ではできます。

社会福祉協議会で対象となるのは障害者や高齢者、低所得者になりますが、断られる条件もあるので、それには注意が必要です。

収入自体が少なくて、どうしても借りられないお金がない低所得者や、年齢が65歳以上の第三者の介護などを必要な人、それに障害手帳を持つ障害者ですが、断られる要素は排除しておくことです。

貸付を断られる主な理由としては、すでに複数の借金を抱えているとか、これまでに借りている貸付金を返済し終えてはいないとか、年金受給をしていても収入が低すぎるとか、そもそも収入がないのはダメです。

生活資金融資の制度は、あくまでもスタンスは貸すといったスタイルですから、返済能力がない人には当たり前のことですが、貸すことができません。

この制度を活用できるのは、返済の見込みがある人のみということになります。

本当にお金に困ったら【市役所でお金を借りる方法】


【関連記事】